奥ゆ記

ヌーソロジー片手に奥行きを歩きましょう♪

ミミズと絵画

ミミズには目が無いから、絵画アートの鑑賞は出来ません。
しかし、初めから無いのだからそれを苦とは感じません。

また、絵画という楽しみが他の誰かにはあるとも考えないから、やはり目や絵画が無いという苦しみもありません。

つまりこれは「目が無いという事実自体が無い」ということなのですから、ミミズにとってそれらは「有るのでもなく、無いのでもない」といういい方になるでしょう。

絵画の存在は、その全てが視野の世界に包まれていて、視野の世界が無くなれば絵画の存在も同時に残らずなくなるという構図になっているわけです。

このような「存在の因果関係」のことを「此縁性(しえんしょう)」といいます。

これは実は釈尊が発見した、娑婆世界を解脱し、涅槃に至るために用いる法則なのです。

もう少し理解を進めるために、娑婆世界の法則と比較してみましょう。

娑婆世界を支配する「相依性(そうえしょう)」という法則によると「絵画がそこに存在する原因」は例えば「絵描き」です。

しかし、「絵描き」だけが原因ではなく、
「絵の具やキャンバスの製作者」
「絵の具やキャンバスの物質としての性質」
「そこに絵画を運んで来た運転手さん」
「筆を動かす手の筋肉の力」
「絵を描いて欲しいという注文」
…などなど数え上げたらキリがないのです。

つまり相依性(そうえしょう)を法則としている娑婆世界では、「原因を特定出来ない」という問題があり、存在の関係性があやふやになっていることがわかります。
そのあやふやな所に様々な妄想が生じます。

それに対して、此縁性(しえんしょう)でみている世界は物事の因果関係が明確になっているので問題がすぐに解決できます。

仏教は目的は、世界を常に此縁性(しえんしょう)で見ることによって妄想を無くしていくことです。

 

f:id:Nobiyan:20191109181028j:image

釈尊はこのような論理の場で、きっと弟子たちとともに語り、修行を楽しんだはずなのです。

おしまい。